おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
おすすめ情報

近年の不動産、金利も停滞しているし、これから消費税が上がるとか、十年の年二十万円ほどの補助がなくなるとかで、買い時と言われていた。
それは国の売れ行きが低迷している不動産の業界に対して、国は今後補助額を引き上げる対策などを検討しているよう。消費税が上がってしまうから、買い時とどのくらいギャップがあるのかはわからないけれど、家は生活に必要だから、国の政策は消費者にとって大事なところ。住宅地の街並みを眺めると、不動産の世代交代の波を感じる。経過年数による建替えやリフォームではなくて、大きなお屋敷や、大きな畑がなくなり、小さな分譲住宅の町並みに変わったり、マンションになったり、駐車場に変わったりしている。よい日照条件の大きな土地が細々と区分けされて小さい家が立ち並ぶのは少しさみしい気もするが、新しい家に新しい家族が住まい、新しい生活が始まり、新しい隣近所とのつきあいが生まれる。新しい街並みの誕生だ。日当たりとか地盤とか、不動産を吟味するにあたって大切なことは家自体だけではない。周りの環境、生活の利便性、もともとの土地の所有者や何があったか、あと、車の往来の多さ。近くにスーパーやコンビニ、学校、などは皆が気にするところ。畑などはどうか。強風の日に畑から砂埃が舞う。川はどうか。ベランダに干した洗濯物は時に川臭くなる。該当の不動産が、元沼や畑なら地盤調査は押さえておきたいところ。環境には人間関係だって入っている。土地柄も大切。地域がお祭りを大事にしていたりすると、子どもにはいい環境だろうなと思う。
もちろん日当たりや、間取り、工事の仕上がり、などもとても重要。そんなことを考えると不動産選びって本当に大変で体力勝負頭脳勝負。担当者もまた運だったりするけれど。でもそこは恋人選びと同じく、こだわりたい条件、譲れない条件、諦めがつく点、気にならない点などの優先順位が必要。きっと優先順位も人それぞれ、各家庭ごとに違うんでしょうね。
不動産はとても大きな買い物。良い担当者に恵まれ、よい不動産と巡り会えますように。